wasabitan’s blog

読んだ本と撮った写真記録する気まぐれな日記です。

読書の春その76。「世界一面白くてお金になる経済講座」

  • 南 祐貴(セカニチ)
  • 単行本 192ページ
  • 発売日 2022/3/30 
  • 読み終えるのにかかった時間 2時間

https://amzn.to/3HWexbu

 

タイトル通り面白い内容でした。

難しいなと思ってたことがこの本を読みながらだと面白く簡単に解説してあるのでスラスラ読めて頭にもスムーズに入って来ました。

要するに「お金に働いてもらう!」ってことが大事なのだと思いました笑。

その通りだと思います。勤勉に働いてお給料をもらうそのお給料にも限界があるのが悲しいけど現状です。。。

ならばお金の増やし方を変えればいいのだと。。。

知識がなければ時が過ぎるだけなので学びはやはり必要だなと思わされる本です。

少しでも考え方に柔軟性を持って、それを実践するだけでも結果が違うのかなと思いました。

本を読むって面白い!そしてそれを活かせたらもっと面白いことになりそうです。

イラストの解説もわかりやすくとても有意義な学びの時間になりました。

 

そして最近、無印良品の「しおりシール」が大活躍です↓

こんな感じでぺとっとはつけるだけ。

とても手軽で簡単で貼っつけってあるので落としてどこ行った?ってなりません。

ですがとても悲しいデメリットも発見↓

「世界」の隣よーく見てください剥がしたあとが残っています。

と言うかシールと一緒にカバー素材が剥がれてしまいます。

借りた本や売りたい本など、カバーの素材によっては注意が必要です。

あとは3冊使い回しが限界かな。。。粘着力が低下します。

自分の中ではそれ以外はとても満足できています。

しおりってすぐ無くしちゃうので無くならないだけで満点です。

そして5本で150円なのでコスパも最強。

気になる方は無印良品を覗いてみてください。

 

 

 

 

読書の春その75。「眠れない夜は体を脱いで」

  • 著者 彩瀬まる
  • 連続短編
  • 単行本 256ページ
  • 発売日 2020/10/22 
  • 読み終えるのにかかった時間 3時間

自分の顔がしっくりこない男子高校生。五十過ぎに始めた合気道で若い男の子とペアを組むことになった会社員。恋人の元カノの存在に拘泥する女子大生。妻も部下も、なぜ自分を不快にさせるのかと苛立つ銀行支店長。彼らは「手の画像を見せて」という不思議なネット掲示板に辿り着く……。「私」という違和感に優しく寄り添う物語 引用:Amazon

https://amzn.to/49mdq0Z

 

久々の彩瀬まるさんの作品です。

やっぱり独特の世界観です。

静かに話が進む中で奥深くで何かが激しく動くような、ジワジワときます。

これは静かな場所で静かな時間を過ごしたいときにぴったりな本です。

ほんとにジワジワきます。

短編ですが最後の話で「これか。。。」と驚きの展開が有りますがそれも静かにジワジワと来ます。

とても静かに心に迫りくる作品でした。

 

読書の春その74。「失恋バスは謎だらけ」

  • 著者 森沢明夫
  • 長編
  • 単行本 456ページ
  • 発売日 2017/9/20 
  • 読み終えるのにかかった時間 5時間

経営危機に瀕している旅行会社の名物企画「失恋バスツアー」。
このツアーの趣旨は、失恋した参加者に、鄙びた旅館、わびしい粗食、
うら寂しい観光地を提供してどん底まで落ち込んでもらい、
あとは上がるだけ、グイグイ元気になってもらいましょうというもの。
しかし、添乗員として乗り込んだ37歳の天草龍太郎は、カウンセラーとして
同じく添乗している小雪に自らがフラれたばかりだった。ツアー中も小雪はツレない態度。
しかも今回の参加者はとことん濃いメンツで、やたら元気な金髪ハーフ美女、
自称パンクロッカー、修験者のような巨漢、謎の中国人、文学少女ふうお嬢様など、
彩りが豊かすぎる9名。ハプニング続きで翻弄される龍太郎だが、
意外な事実が次々と明かされていく。笑いあり、涙ありの感動ツアー、いざ出発進行!

引用:Amazon

https://amzn.to/3uhk9tL

 

大好きな森沢先生の作品です。

なんか表紙がとても可愛いですよね♪

それだけでもウキウキします。タイトル見てもどんな話なのか想像できない・・・。

そんなとこに惹かれて読んでみました。

本当に謎だらけの人たちが繰り広げる人間ドラマでとても面白かったです。

ですがとシリアスな場面もあり、少し衝撃的な話もありで最後まで楽しませてもらいました。

そしてそして大興奮のゲストがまたまた登場したりほんとにやられました笑。

 

読書の春その73。「猫のお告げは樹のしたで」

  • 著者 青山美智子
  • 連続短編
  • 文庫本 368ページ
  • 発売日 2020/6/4 
  • 読み終えるのにかかった時間 4時間

『木曜日にはココアを』で第1回宮崎本大賞を受賞した青山美智子の2作目が待望の文庫化。
失恋のショックから立ち直れないミハルは、ふと立ち寄った神社で、お尻に星のマークがついた猫――ミクジから「ニシムキ」と書かれたタラヨウの葉っぱを授かり、「西向き」のマンションを買った少し苦手なおばの家を訪れるが……。中学生の娘と仲良くなりたい父親。なりたいものが分からない大学生……。なんでもない言葉をきっかけに、思い悩む人たちの世界がガラッと変わっていく――。 お告げの意味に気づいたとき、ふわっと心があたたかくなる。7つのやさしい物語です。インスタフォロワー数250万人超のミニチュア写真家・田中達也氏がカバーを手がけています。

引用:Amazon

 

https://amzn.to/3SPy8jW

 

本屋さんで買ってそのまま積んだままにしていました。

青山先生申し訳ありません。こんな素敵な本を机に閉じ込めてしまいました。

買ったらすぐに読むべきでした。

素敵な話ばかりで最後の最後で心が満たされであふれてしまうくらいすごくよかったです。

短編ですが登場人物は他の話に少し登場したりしてそれぞれの話の登場人物への愛情がとても感じられる作品でした。

とても癒されるお話ばかりです。

何度も読み返したくなる作品でした。

 

読書の冬その72。「十戒」

  • 著者 夕木春央
  • 単行本 303ページ
  • 発売日 2023/8/9 
  • 読み終えるのにかかった時間 5時間

引用:Amazon

https://amzn.to/3U9ukLj

「方舟」に衝撃を受けてこちらにも絶対に読みたいと思ってました。

正直な感想は「方舟」ほどの衝撃はありませんでしたが最後が。。。

そこなんでしょうねこの作品は。

内容は推理編が長くちょっと途中苦痛を感じました。

ですがなんとなく読み続けて後半に期待を込めてという感じです。

最後でいろんな意味で圧巻でした。

次回作がどうなるのかが気になります。

 

 

 

読書の冬その71。「近畿地方のある場所について」

  • 著者 背筋
  • 単行本 344ページ
  • 発売日 2023/8/30 
  • 読み終えるのにかかった時間 4時間

情報をお持ちの方はご連絡ください

近畿地方のある場所にまつわる怪談を集めるうちに、恐ろしい事実が浮かび上がってきました

引用:Amazon

近畿地方のある場所について | 背筋 |本 | 通販 | Amazon

昨年の秋ごろから「X」でよく見かけていたため図書館で予約していました。

ようやく順番が回ってきましたのでやっと読めました。

ホラー?ミステリー?SF?ドキュメント?フィクション?

色々と交錯します笑。

話がいろいろな方へ飛び回るため集中力が大いに必要でした。

前半は怖すぎて読むのをやめようかと思いましたが後半になり少し恐怖から解放されました。

これも読む人によって受け止め方は違うのでしょうか?

最後まで読んでの感想は・・・不気味なままで終わるしか言えません。

とにかく夜に読むのはおすすめ出来ません。

でもにぎやかな場所でも読めないと思います。

久々の難儀でした笑。

 

読書の冬その70。「リカバリーカバヒコ」

  • 著者 青山美智子
  • 単行本 240ページ
  • 発売日 2023/9/21 
  • 読み終えるのにかかった時間 3時間

5階建ての新築分譲マンション、アドヴァンス・ヒル。近くの日の出公園には古くから設置されているカバのアニマルライドがあり、自分の治したい部分と同じ部分を触ると回復するという都市伝説がある。人呼んで”リカバリー・カバヒコ”。アドヴァンス・ヒルに住まう人々は、それぞれの悩みをカバヒコに打ち明ける。高校入学と同時に家族で越してきた奏斗は、急な成績不振に自信をなくしている。偶然立ち寄った日の出公園でクラスメイトの雫田さんに遭遇し、カバヒコの伝説を聞いた奏斗は「頭脳回復」を願ってカバヒコの頭を撫でる――(第1話「奏斗の頭」)出産を機に仕事をやめた紗羽は、ママ友たちになじめず孤立気味。アパレルの接客業をしていた頃は表彰されたこともあったほどなのに、うまく言葉が出てこない。カバヒコの伝説を聞き、口を撫でにいくと――(第3話「紗羽の口」) 誰もが抱く小さな痛みにやさしく寄り添う、青山ワールドの真骨頂。

引用:Amazon

amzn.to

久々の青山ワールドでした。いつ読んでも青山さんの作品は優しいです。ほっこりします。

自分の言動、行動などを今一度考え直したくなる作品でした。

どの話も「そうだよね・・・」と納得してしまいました。

心が疲れているとにさっと読みたくなるような作品だと思います。